男の肉料理はボリュームが命!塊肉を豪快に調理して作るレシピを紹介!

せっかく自分でお肉料理を作るならたくさん作ってお腹いっぱい食べたいですよね。また塊のお肉を調理すること自体が非日常的な体験で意外と楽しいものです。

牛豚鳥の塊肉で作る料理で皆さんは何をイメージしますか?

私はチャーシュー・ローストビーフ・ローストチキンです。

どれも家庭で食べる時はお惣菜を買うことになる場合が多いと思います。しかし実際に調理してみると思ったほどの手間はかかりません。お時間は多少掛かりますがそれも調理の楽しみです。

その上自分で作ればボリュームも自由自在です。もっと食べたかった、、、なんて思うこともなくなります。

本文ではこの3つの料理のレシピをポイントも交えて紹介していきます。

【チャーシュー】煮豚とはまた違うおいしさ!

材料

【お肉】
・豚バラブロック 400g
【タレ】
・長ネギ青身 1本分
・生姜 20g
・ニンニク 1片
・醤油 大さじ4
・酒 大さじ2
・みりん 大さじ2
・砂糖 大さじ1

作り方

1.生姜は皮付き、ニンニクは皮剥きし薄くスライスする
2.保存袋にタレの材料を全て入れ、揉んで混ぜる
3.タレの入った袋に豚肉も入れて良く揉む
4.袋の空気を抜いて口を閉じ、冷蔵庫に一晩寝かせる
5.オーブンを180℃に予熱後、お肉を入れて40分加熱する
6.10分おきに肉をひっくり返す。
7.漬込んだタレを鍋に移し、半分の量になるまで煮る
8.焼き上がった肉を薄く切ってタレを掛けて完成

ポイント

・オーブンに入れる前に肉を1時間ほど常温に戻す
・タレが肉に密着する様に袋の空気をしっかり抜く

【ローストビーフ】しっとりお肉に肉汁ソースが合う!

材料

【お肉】
・牛モモブロック 300g
・塩 3g
・黒胡椒 適量
【ソース】
・人参 2本
・玉ねぎ 2個
・ニンニク 1片
・バター 20g
・塩 適量

作り方

1.調理前に牛肉を常温に戻しておく
2.人参、玉ねぎ、ニンニクを薄くスライスする
3.お肉の全面にまんべんなく塩と胡椒をまぶす
4.フライパンを中火で少し煙が出るくらいに熱する
5.お肉を投入し全面にしっかり焼き色と付ける
6.焼けたらアルミホイルで二重巻き+タオルで包む
7.包んだ状態で1時間放置する
8.同じフライパンで人参、玉ねぎ、ニンニクを炒める
9.野菜が飴色になったら、ひたひたに水を入れ沸騰させる
10.ザルにキッチンペーパーをひいて煮た野菜を濾す
11.濾したスープをフライパンに戻し2/3まで煮詰める
12.火を止めて塩を適量加えて味を調える
13.最後にバターを加え混ぜる
14.お肉を薄くスライスしてソースをかけて完成

ポイント

・お肉は調理前に1時間ほど常温に戻す
・お肉を焼く際、肉の厚み㎝×1分の計算でしっかり焼く
・野菜が焦げるとソースが苦くなるので注意

【ローストチキン】丸鳥を豪快に食べ尽くす!

材料

【お肉】
・丸鳥 1羽(約1kg)
・塩 6g
・胡椒 適量
・溶かしバター 大さじ1
【ソース】
・ブランデー 50ml
・水 50ml
・チキンスープの素 1/2個
・塩 少々

作り方

1.前日に塩、黒胡椒をまんべんなくお肉に刷り込む
2.調理前にお肉を常温に戻しておく
3.鶏の腹を上にして両足をタコ糸で結び、耐熱皿に置く
4.オーブンを230℃に予熱する
5.溶かしバターを全面に塗り、オーブンで40分焼く
6.焼き色が付いているのを確認したら200℃に下げて更に20分焼く
7.5分おき程度で皿に溜まった油をスプーンで鶏にかける
8.盛り付け用の皿に鳥を移す
9.耐熱皿にブランデー、水を入れ肉汁をこそげ取る
10.取れたスープを鍋に移しチキンスープの素を入れ弱火で煮込む
11.キッチンペーパーでスープを濾し、とろみが出るまで煮詰める
12.できたソースをチキンに添えて完成

ポイント

・調理前に1時間ほどお肉を常温に戻しておく

まとめ

おすすめの記事