男の肉料理はこってりばかりでつまらない!酸味塩味でさっぱりなレシピ!

こってりした味付けの男の肉料理ばかりをご紹介していますが、ずっとこってりしたものを食べ続けるのは健康的にも胃袋的にも辛いですよね。

ということで今回はさっぱりした味付けの料理をご紹介していきます。

さっぱりとした料理と言えば和食です。その中でも鶏肉や豚ロースを使用しカロリー的にも低い料理を選びました。

ご紹介する南蛮漬け・梅照り焼き・肉じゃがはどれもさっぱりしたお味付ですがごはんにもよく合います。

では早速書く料理の作り方とポイントを見て行きましょう!

【鶏モモ南蛮漬け】

鶏モモ肉の肉汁を片栗粉で閉じ込めジューシーに仕上げますが、お酢の風味でサッパリと頂ける一品です。

野菜もたっぷり入るのでボリュームがあるわりにはヘルシーです。食べ過ぎが気になる夜ご飯でも活躍してくれます。

鶏モモ肉でなくても色々な具材でパターンが帰られるので困った時のもう一品にも良いでしょう!

材料

・鶏もも肉 1枚
・塩胡椒 適量
・片栗粉 適量
・ピーマン 2個
・玉ねぎ 1/2個
・人参 1/3本
・サラダ油 大さじ5
【漬けダレ】
・酢 大さじ3
・砂糖 大さじ2
・醤油 大さじ2
・みりん 大さじ2

作り方

1.ピーマンは縦半分に割って種を覗き、横向きに5mm幅にスライスする

2.人参は皮を剥いて5mm前後の細切りにする

3.玉ねぎも5mm前後のスライスにする

4.耐熱容器にタレの材料を全て入れレンジで温めて砂糖を溶かしておく

5.お肉は一口大に切って塩胡椒をし、片栗粉を全体にまぶす

6.フライパンを熱しサラダ油を引く

7.お肉を全体がこんがり焼き色が付くまで焼く

8.ボウルにお肉・野菜の順番で入れたらタレを回しかけて入れ、全体をよく混ぜる

9.ラップを落として密着させ、全体が馴染むまで15分以上放置したら完成

ポイント

・片栗粉をまぶすときはビニール袋にお肉と片栗粉を入れ、空気を入れたまま口を閉じて袋を振ると簡単にまぶすことができます

【鶏ムネ梅照り焼き】

ご飯のおかずに持ってこいの照り焼きに梅肉を加えました。

刻んで乗せる大葉のさわやかな風味も相まって、更にさっぱりごはんが進む料理に仕上げました。

鶏むね肉は普段食べるお肉の中で最もカロリーの低いお肉ですので、カロリーが気になる方にも持って来いです!

材料

・鶏むね肉 1枚
・醤油 大さじ1
・片栗粉 大さじ2
・サラダ油 大さじ1
・大葉 10枚
【梅肉タレ】
・梅干し 小サイズ4個
・醤油 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・料理酒 大さじ1
・みりん 大さじ1
・だし汁 大さじ3

作り方

1.お肉を一口大に削ぎ切りにして醤油を揉み込む

2.大葉を千切りにする

3.梅干しは種を除いて包丁で細かく叩く

4.ボウルに梅干しとその他のタレの材料を入れ混ぜ合わせる

5.お肉の表面に片栗粉をまぶす

6.フライパンに油を熱し、中火で両面をこんがり焼く

7.キッチンペーパーでフライパンの余分な脂をふき取り、ボウルのタレを流し入れる

8.火を強火にしてお肉とタレを良く絡める

9.全体にとろみが出たらお皿に盛って大葉を乗せれば完成

ポイント

・鶏むね肉は加熱すると固くなりやすいので薄目の削ぎ切りにする

【塩肉じゃが】

通常は醤油と料理酒で塩気とコクを与える肉じゃがですが、このレシピでは塩ベースで仕上げたさっぱりした一品です。

豚ロース肉を使うことでお肉自体もさっぱりしていますが、ロースの脂できちんと味わいも残ります。

お出汁を効かせれば調味料の量を減らしても深い味わいになりますのでヘルシーですよ!

材料

・豚ロースとんかつ用 100g
・じゃがいも 小3個(250g)
・人参 1/2本
・玉ねぎ 1/2個
【煮汁】
・だし汁 200ml
・砂糖 大さじ1と1/2
・みりん 大さじ1
・塩 小さじ1/2

作り方

1.ジャガイモの皮を剥いて4つ割りにして5分ほど水にさらしアクを抜く

2.人参は乱切り、玉ねぎはくし切りにする

3.豚肉は幅1㎝程にスライスする

4.鍋に野菜とお肉を入れたら煮汁の材料を全て加える

5.火をつけて落し蓋をし強火にして沸騰させる

6.沸騰したら中火にし、ジャガイモに火が通るまで10分ほど煮たら完成

7.煮る途中に肉同士がくっついて固まらない様にお肉をほぐす

ポイント

・落し蓋をすることで煮終わった時の味のムラがなくなりますので極力使いましょう

・豚肉は小間切れ肉でも大丈夫です

まとめ

豪快に肉を使ったパワフルな男の料理がかっこいいですが、たまには上品でヘルシーな料理に挑戦しても良いですよね!

自分が食べるだけでなく誰かに作ってあげれば、喜んでもらえること間違いなしです。

これから暑い季節にもなりますので、少し胃を休めたい時にもチャレンジしてみて下さい。

おすすめの記事